このページのトップへ

事業の内容公益目的に関する実施事業

防災・減災・国土強靱化の推進に向けて シンポジウム

防災・減災・国土強靱化の推進に向けて シンポジウム

「防災・減災・国土強靱化の推進に向けて シンポジウム」は、お申込み多数につき
受付を終了させていただきました。多数のお申込みありがとうございました。

昨年末に国土強靱化基本計画の見直しとともに、ソフト・ハード対策を3年間で集中的に実施する国土強靱化のための3か年緊急対策が策定されました。

これらの取組を紹介するとともに、2018年6月の大阪北部地震、7月豪雨、9月の台風21号による西日本の被害、北海道胆振東部地震などを振り返り、防災、減災の新たなステージを考える機会とするシンポジウムを開催します。

【日時】
2019年5月9日(木)
13:30~16:15 (受付 13:00)
【会場】

ドーンセンター 地図

ドーンセンター 7階ホール
(大阪府立男女共同参画・青少年センター)

  • 大阪市中央区大手前1-3-49
交通のご案内
  • 京阪本線、地下鉄谷町線「天満橋駅」
    1番出入口から東へ約350m
  • JR東西線「大阪城北詰駅」
    2号出口より 土佐堀通り沿いに西へ約550m
【参加費】
無料
【定員】
500名(先着順)
【プログラム】
13:30~13:40 開会挨拶
(一社)近畿建設協会 理事長 霜上 民生
13:40~14:30 基調講演
「国土強靱化に向けた最近の取組について」

内閣官房 国土強靱化推進室 次長 山田 邦博 氏
14:30~16:15 パネルディスカッション
「平成30年度災害を振り返り-防災、減災の新たなステージへ-」

【パネリスト】

  • (一財)河川情報センター 業務執行理事 越智 繁雄 氏
  • 国土交通省 近畿地方整備局長 黒川 純一良 氏
  • 兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 准教授 阪本 真由美 氏
  • 豊岡市長 中貝 宗治 氏

【コーディネーター】

  • 産経新聞社大阪本社 編集企画室長 佐藤 泰博 氏
16:15 閉 会

※プログラムについては変更になる場合があります。

cpd 当シンポジウムは土木学会CPDプログラム認定を受けています
    (認定番号 JSCE19-0235 2.8単位)
【申込方法】
下記の「WEB申込み」より申請いただくか、「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。
  • WEBからお申し込み/応募フォームへ
  • FAXでのお申し込み/参加申込書(PDF)
Adobe Readerダウンロードサイトへ

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。

左のバナーをクリックするとAdobe Readerのダウンロードサイトへジャンプします。

【申込期日】
2019年4月19日(金)
※定員になり次第締め切らせて頂きます。
【主催】
(一財)河川情報センター・(一社)関西地質調査業協会・
(一社)近畿建設協会・(一社)建設コンサルタンツ協会 近畿支部
【後援】
国土交通省 近畿地方整備局(予定)・産経新聞社
【お問い合わせ先】
  • 〒540-6591 大阪市中央区大手前1-7-31 OMM 13F
  • 事務局:一般社団法人近畿建設協会 経営企画部
  • <担当:北野(きたの)、佐藤(さとう)> 9:30~17:00 (土日祝除く)
  • TEL:06-6941-0174  FAX:06-6941-1742
  • MAIL:お問い合わせ先メールアドレス

※上記メールアドレスは、迷惑メール対策のために画像で表示しています。
クリックしてもメールソフトは起動しませんので、お手数ですがアドレス欄にご自身で入力してください。