このページのトップへ

事業の内容公益目的に関する実施事業

平成29年度の支援事業です。

災害防止事業

防災エキスパート運営

当協会は防災エキスパート事務局として、近畿管内で活動されている防災エキスパートと近畿地方整備局職員との災害対策計画や防災情報に関する意見交換会の開催を行っています。また、大規模地震発生に備えて行われる非常参集訓練や情報伝達訓練などの防災訓練の開催を支援しています。

平成30年2月の福井地方豪雪では、現地情報収集の活動支援として、現地状況に詳しい防災エキスパートに県庁に出動し、市道の現況や周辺環境の情報について、アドバイスをしました。

防災エキスパートとは、地震・風水害などの大規模災害時に、公共土木施設等を迅速かつ的確で効果的に災害復旧を図るために被災情報の収集などを支援するボランティア活動です。

福井地方豪雪対応

▲福井地方豪雪対応

福井地方豪雪

▲福井地方豪雪

防災に関する講演会

広く防災意識の普及・啓発を図るため、防災に関する講演会を行っています。

「防災とボランティア週間」講演会

▲「防災とボランティア週間」講演会

河川における水防演習

大規模地震発生に備えて行われる非常参集訓練や情報伝達訓練、出水を想定して行われる水防訓練の開催を支援しています。

大和川水防・大阪府地域防災総合演習

▲大和川水防・大阪府地域防災総合演習

平成30年度 防災エキスパート活動実績・計画(H30.07.25現在)

年月日 活動名称 活動内容 防災エキスパート
参加者数
30.05.12 平成30年度
由良川水系総合水防演習

総合水防演習は、水防技術の向上・伝承及び水防団の士気高揚を図るとともに、幅広い主体の参加による地域社会全体の防災意識の向上、実践的なシナリオによる災害対処能力のさらなる向上を図ることを目的としている。

  • 水防工法体験
    地元企業の社員、大学生及び小学生に土嚢つくり、積み土嚢等の体験指導を行なった。
9名
30.05.19 平成30年度
大阪府地域防災総合演習

水害から地域住民の生命・財産を守るため、水防団をはじめとする関係機関が連携を保ち、水防活動を迅速かつ的確に実施できるよう、関係者の技術習熟を図るとともに、緊急時には、地域が自ら確実な避難行動をとることができるよう地域住民の防災意識普及と高揚に資することを目的としている。

  • 水防工法体験
    地元企業の社員や大学生に土嚢つくり、積み土嚢等の体験指導を行なった。
9名
30.06.08

30.08
防災エキスパート
意見交換会
【事務所】
事業概要、災害対策計画等の説明を行った。

【整備局】
平成29年度 土砂災害状況について、大阪北部を震源とする地震について 及び平成29年度
TEC-FORCEについての説明を行った。

【事務局】
活動報告及び気象情報の提供について(日本気象協会関西支部からエキスパートへの情報提供)説明を行った。

30.09 平成30年度
地震災害時初動対応訓練
  • 近畿地方整備局主催の地震災害時訓練
    携帯電話、メールによる情報伝達訓練を行う予定
31.02 防災セミナーへの派遣 公益社団法人 全国防災協会が主催する防災セミナーに参加予定