トップへ

シンポジウム

第5回シンポジウム 関西のインフラ強化を進めるために 開催日:2019.08.27(火) 開催場所:エルセラーンホール

「第5回シンポジウム 関西のインフラ強化を進めるために」は
多数お申込みのため、キャンセル待ち受付となります。

関西は首都圏に次ぐ経済圏域であり、豊富なポテンシャルを有しているにも関わらず、相対的な地位の低下が見られます。一方、首都直下型地震などで首都圏が麻痺した場合に、日本の経済活動等を支えるのは関西しかなく、そのためにも国際競争力の強化、日本経済の下支えに資する必要な投資を行っていく必要があります。

本シンポジウムは、関西を日本のリーディングエリアとしていくために、また、西日本のリーダーとして牽引していくために必要なインフラ整備や仕組み等について、考える場として今回、第5回目を開催するものです。

日時
2019年8月27日(火)
13:30~17:30(受付 13:00)
会場
エルセラーンホール(ホテルエルセラーン大阪 5F)
大阪市北区堂島1-5-25

交通のご案内

  • JR東西線「北新地駅」より徒歩5分
  • JR「大阪駅」より徒歩10分
  • 地下鉄四つ橋線「西梅田駅」より徒歩5分
  • 地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩8分
プログラム
13:30~13:40 開会挨拶
霜上 民生
(「関西のインフラ強化を進める会」事務局/
 (一社)近畿建設協会 理事長))
13:40~14:40 特別講演
「大阪・関西万博を契機にリニア中央新幹線、北陸新幹線を踏まえた、
 今後のインフラ整備について」-国民に夢を与えるのが政治の務め-
西田 昌司 氏
(参議院議員)
14:40~15:10 基調講演「関西圏の課題とインフラ」
森地  茂 氏
(政策研究大学院大学 政策研究センター所長)
15:10~15:40 基調講演「国土交通省が取り組む生産性革命 ~スマートシティを例に~」
森  昌文 氏
(国土交通省 顧問(前 事務次官))
15:40~16:00 休 憩
16:00~17:30 パネルディスカッション
「関西を日本のリーディングエリアとしていくための
 必要なインフラ整備や仕組み等について」

【コーディネーター】
小林 潔司 氏
(関西のインフラ強化を進める会 委員長
(京都大学経営管理大学院 特任教授/
  土木学会 前会長))
【パネリスト】
白石 真澄 氏
(関西大学 政策創造学部教授)
森  昌文 氏
(国土交通省 顧問(前 事務次官))
森地  茂 氏
(政策研究大学院大学 政策研究センター所長)
山中  諄 氏
(南海電気鉄道株式会社 特別顧問)
cpd 当セミナーは土木学会CPDプログラム認定を受けています(認定番号 JSCE19-0790 3.5単位)
申込方法
下記の「WEB申込み」より申請いただくか、「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXにてお送りください。

「第5回シンポジウム 関西のインフラ強化を進めるために」は
多数お申込みのため、キャンセル待ち受付となります。

申込期日
2019年8月9日(金)
※FAXの受付は8月9日(金)15:00までとさせて頂きます。
※定員になり次第締め切らせて頂きます。
主催
(一社)近畿建設協会・(一社)建設コンサルタンツ協会近畿支部
協賛
(一社)日本建設業連合会関西支部・(一社)関西地質調査業協会
後援
産経新聞社
  • Adobe Readerダウンロードサイトへ
  • PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
    左のバナーをクリックするとAdobe Readerのダウンロードサイトへジャンプします。